ユナイテッド計画株式会社(秋田市寺内蛭根 3₋24₋3、代表取締役 CEO 平野久貴、以下「当社」)が出資する石巻ひばり野バイオマス発電所(宮城県石巻市・設備容量 75.0MW)が 2024年3月28日付で営業運転を開始しましたので、お知らせいたします。

合同会社石巻ひばり野バイオマスエナジー提供

木質ペレットとパーム椰子殻(PKS)を燃料とした出力75.0MWの本発電所は、当社、株式会社レノバ、東京ガス株式会社(東京都港区、代表執行役社長CEO 笹山晋一)の100%出資子会社であるプロミネットパワー株式会社(東京都港区、代表取締役社長 川村俊雄 )、みずほリース株式会社(東京都港区、代表取締役社長 中村昭)が共同出資した、合同会社石巻ひばり野バイオマスエナジーにて、これまで準備を進めてまいりました。

合同会社石巻ひばり野バイオマスエナジー提供

同発電所は、宮城県が工業用地として1997年度から埋立・造成を推進してきた石巻雲雀野地区に立地しており、燃料の調達によって石巻雲雀野埠頭に寄港する船舶の数も大幅な増加が見込まれることから、港湾の更なる整備と活性化が今後期待されています。
また、2011年3月11日に発生した東日本大震災の教訓を活かし、震災時の津波の高さを十分に想定した設計や安全対策を行っています。

合同会社石巻ひばり野バイオマスエナジー提供

今後も地元の皆さまや関係各所のご協力をいただきながら、地域社会との共生と安全を最優先として発電所を運営し、脱炭素社会の実現に貢献してまいります。